断食でからだの中から「キレイ」を手に入れよう

1日コース

1日断食は、休日などを利用してできる、簡単なプチ断食。
1週間のうち、自分で決めた1日を、朝起きてから夜寝るまで、水分以外は一切何も摂らずに過ごす方法です。

1日断食はこんな人におすすめ!

断食初心者なので、まずは1日だけお試ししてみたい
内臓を空っぽにして休ませたい
休日を使ってダイエットしたい

といった人におすすめの方法が、1日断食なんです。

無理なく断食をしたいという人におすすめした半日断食ですが、職業や勤務先によっては、朝食を抜くのは難しい人もいると思いますし、ライフスタイルに合わなくて続けにくいという人もいるはず。

まずは休日を1日使って、試してみてくださいね。

プチ断食の方法(1日断食の場合)

1日断食は「1日だけ固形物を摂らない」という断食ですが、その日に突然思い立って実践するというのでは効果が出にくくなります。

準備期間を設けることで、効果をアップさせるのが、うまいやり方と言えるでしょう!

(1)準備期間は3日~1週間程度

揚げ物など、油っぽい食事や肉類を極力避け、和食を中心に、ヘルシーな食材を食べるように心がけます。また、ビタミン・ミネラルをしっかり摂って、体内に溜まっている脂肪を燃焼させるよう意識していきます。

(2)断食当日

丸1日、水分以外の食事を摂らないようにします。水や酵素ドリンクを好きなだけ飲み、後は普段通りに過ごすだけ。体が冷えやすくなる人もいるので、軽いストレッチや運動をして、なるべく汗をかくようにすると良いようです。

※ハードな運動は避けた方が良いです

(3)断食終了後の復食(補食)

実は断食そのものより難しいのが、断食後の食事。この食事のことを「復食」と呼びます。復食期間が断食の成功・不成功を分けると言っても過言ではありません。1日断食をしたら、1日かけて普通食に戻す、という手順が必要です。

例えば、

  • 朝食…酵素ドリンクや野菜ジュースなど、栄養のある液状の食事を摂ります
  • 昼食…玄米粥・味噌汁
  • 夕食…普通食(油ものは避ける)

といったメニューにするなどがあります。

断食後の胃腸は赤ちゃんのような状態。とても敏感なので、突然普通食に戻すと胃腸を壊すだけでなく、断食前より体調が悪くなるなどのリスクもあります。

断食後は、玄米粥や味噌汁など、赤ちゃんでも食べられるような、薄い味付けでやわらかい食材を選びましょう。

1日断食をすると、どんな効果があるの?

1日断食をすることで内臓を休ませると、ダイエット効果があるだけでなく、胃腸の動きが活発になり、宿便の排出につながります。

腸がきれいになるため体質改善も期待でき、花粉症などのアレルギーが出にくくなるといった効果が実感できる人もいるようです。(私も実感できました!)

1日断食は、1回だけの挑戦でも便秘解消に効果がありますが、断続的に続ければ、プロ指導のもとに行われる本断食に匹敵するほどの効果が望めるといいます。

コンスタントに続けることが大事なんですね。

1週間に1度程度のペースで半年~1年続けると、免疫力アップなどの効果も!

断食酵素ダイエットの人気ドリンク大比較

 
ページの先頭へ
はじめての断食スタートガイド