断食でからだの中から「キレイ」を手に入れよう

はじめての断食 HOME » 断食のメリットを知ろう! » 生活習慣病の予防改善

生活習慣病の予防改善

断食と聞いて「栄養不足を招く不健康なダイエット」のようなイメージを持つかもしれませんが、実は逆。断食をすると、健康になるんです。高血圧や高コレステロールなどで悩んでいる人、必見です!

断食の健康効果をチェック!

断食の健康効果は、高血圧、血糖値、コレステロールが気になる人にも有効断食は高血圧や血糖値、コレステロール、中性脂肪などが気になる人や、糖尿病予防・改善をしたい人など、健康面を改善したい人にこそ挑戦してもらいたい健康法です。

ダイエットなどの美容効果ばかりが注目されがちですが、実は健康効果の方が大きいんです。

断食することにより、臓器に食べ物の消化吸収を休ませ、回復させることができます。

これにより、臓器が病気になるリスクが減ったり、臓器の機能を活性化したりといったメリットが得られます。

例えば、肝臓にはコレステロール値を調整する働きがあるので、肝臓の機能が活性化されると、コレステロール値は正常に戻ります。

また、食事で血中のコレステロール値が上がりやすくなりますが、断食によりこれも回避できるので、コレステロール値を下げたい人に効果的です。

断食が糖尿病予防になる理由は?

糖尿病は、血液中のグルコース濃度が高くなった状態。インスリンの作用が不足することにより、慢性的な高血糖状態などが起きる病気です。

空腹時の血糖値が126mg/dl以上になるほか、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)が6.5を越えた場合も糖尿病と診断される可能性が高くなります。

60年前には日本に5000人くらいしかいなかった糖尿病が、何千倍にも増えてしまった理由は、生活習慣が変わったことが理由なんだとか。

糖尿病では、血液の中に脂肪があって血液が流れにくくなっている状態になります。一種の血管病ですね。

実は、断食でこの状態を改善することができると言われているんです。

断食をして何も食べない状態を続けると、体は血管の中に溜まった脂肪の塊を分解してエネルギーにします。また、断食でカロリー制限をすることにより、膵臓の機能も改善されたという研究結果もあるそうです。

ただ、初期の糖尿病治療や予防に断食がいいとされていますが、糖尿病の種類によっては断食をするとかえって危険なこともあるようなので、医師と相談のうえで行う方が良さそうです。

 
ページの先頭へ
はじめての断食スタートガイド